お気に入りのワンピースをほどいて、パッチワークしました

こんにちは。パッチワーク教室retourのyasucoです。

昨日から お天気が荒れていますが、これも春が近いことを教えてくれているのでしょうか。天気予報を見ていると、桜の開花予報が話題になっています。東京では、後2週間くらいで開花だとか。楽しみです。

 

今日は、「パッチワーク教室 春号」に掲載された、テーブルランナーで使った黒地にバラ柄の再利用した布についてです。

 

こちらは、もともとワンピースだったもの。30年近く前に、ロンドンのローラアシュレイのお店で買った時の物です。

まだ20代の頃、バラ柄が大好きになったきっかけにもなった思い出のワンピースです。買ったものの、なかなか着る機会のないまま しまい続けていました。

 

10年くらい前に、このまましまい続けているよりも、普段使いのものにした方がいいかな・・・

そんな風に思い始めてからも、すぐにはハサミをいれることが出来ず

何年かは、しまっては出し、しまっては出しを繰り返していました。

そして、ようやく意を決してハサミをいれました!

ーーー「年齢的にもう着れない」あきらめがついたのだと思います(^_^;)

 

それでも、写真を見てお分かりの通り、なるべく柄をきれいに残すようにカットしています。残りは、また別の機会に使いたいですから。

 

そんな思い出のワンピースを、パッチワークしてテーブルランナーにしてみると、服のまましまっているより、暮らしの中で使えるものにして良かったと、とても満足しています。

もう着ないけど処分するにはもったいない・・・

思い出がいっぱい詰まっている・・・
そういう中に、パッチワークして新たな使い方の出来る布があるかも⁉です。

きれいな部分だけでも残せれば、見るたびに大切な思い出もよみがえります。ちょっと引き出しを開けてみては、いかがでしょうか。綿(麻)で針通りがよければ、パッチワークに向いています。



最後になりましたが、布合わせもしっかりしましょうね。

今回、2種類のバラ柄と布合わせしたのは、淡いピンクの無地

ーーーバラの織り柄の入ったジャガード

と、ストライプ

ーーー黒地のバラ柄の「葉」のグリーンの色に合わせています

この2種類の布が脇布として、バラ柄を引き立てています。

 

手間の掛かるパッチワークですから、

お気に入りの布合わせをしてから始めましょう。

縫う時間が、楽しくなりますよ!!

 

それでは、また。
 

*********************************** 
パッチワーク教室retour ルトゥール https://www.retour-quilt.com/