お稽古の様子・生徒さんの作品紹介

10月、国立クラス バッグinバッグの途中経過の様子です。完成品からは、悩んだことなど分からないけれど、途中途中で悩んでは納得しながら、完成に向けて進んでいます。きっと、お気に入りのバッグinバッグが出来るはず!
中野ベーシッククラスの様子を、お伝えしています。パッチワークを始めた頃って、使いたい布がたくさん。その中から、ひとつだけなんて選べない!でも、そのひとつが決まると、他の布が決まってきます。
国立クラスの布合わせの様子を、お伝えしています。ダブルウェディングでは、メインの布が共通なので、布合わせによる変化が分かりやすくなっています。バッグインバッグも、ご自身が使いたい布合わせ・形にこだわって、試行錯誤中(*^_^*)
パッチワークでは、作品が完成するまでには、布合わせ・ピースワーク・キルティング・仕立てと色々な過程を経ていきます。キットなら悩まずに進めていくことが出来ますが、そうでない時はその過程ごとに悩みながら進みましょう(*^-^*)
国立クラスでは、お教室会場の受付ホールで毎年11月ミニミニ・キルト展をしています。今年は、お花のように見えるパターン。皆さん、布柄抜を楽しみながら、布合わせをしています。
パターンは「バタフライ・イン・ザ・ガーデン」。生徒さんの完成作品をご紹介しています。
布合わせをする時に、カットして並べてみる・・・ちゃんとやっているのに、それでも「こんなはずじゃなかった・・・」に。パッチワークするには、必ず「縫い代」が必要です。その「縫い代」が布合わせの邪魔をしているのかも?
布合わせのときに、「お気に入りの布をいっぱい使いたい!」さて、どうしましょう?
国立クラス。ブロードリーパースの巾着・ツイストのバッグが完成しました。キットではなく、一人ひとりが好きな布を選んび、時にはパターンは共通で出来上がりの作品も自由にしています。ぜひ、布合わせの参考にしてください。
国立クラスの布合わせの様子です。皆さん・・・特に布合わせでは悩みながら、ひとつずつ作業を進めています。布合わせによって、作品の好き・嫌いを左右するのではないかとさえ思っています。「好きな」作品を完成するための過程を、一つひとつご紹介しています。

さらに表示する