お稽古の様子・生徒さんの作品紹介

国立クラスでは、お教室会場の受付ホールで毎年11月ミニミニ・キルト展をしています。今年は、お花のように見えるパターン。皆さん、布柄抜を楽しみながら、布合わせをしています。
パターンは「バタフライ・イン・ザ・ガーデン」。生徒さんの完成作品をご紹介しています。
布合わせをする時に、カットして並べてみる・・・ちゃんとやっているのに、それでも「こんなはずじゃなかった・・・」に。パッチワークするには、必ず「縫い代」が必要です。その「縫い代」が布合わせの邪魔をしているのかも?
布合わせのときに、「お気に入りの布をいっぱい使いたい!」さて、どうしましょう?
国立クラス。ブロードリーパースの巾着・ツイストのバッグが完成しました。キットではなく、一人ひとりが好きな布を選んび、時にはパターンは共通で出来上がりの作品も自由にしています。ぜひ、布合わせの参考にしてください。
国立クラスの布合わせの様子です。皆さん・・・特に布合わせでは悩みながら、ひとつずつ作業を進めています。布合わせによって、作品の好き・嫌いを左右するのではないかとさえ思っています。「好きな」作品を完成するための過程を、一つひとつご紹介しています。
中野教室 小物づくりクラスの布合わせの様子です。生徒さんが実際に布合わせをしている写真を掲載しながら、主張しすぎず、でもステキなの!そんなキルトが完成しますように・・・そんな思いを込めてアドバイスをしています。ご自身の布合わせの時の参考にしてみてくださいね。
パッチワークする時には、必ず布合わせが付いてきます。レッスン時の布合わせの様子をご紹介しています。布合わせのポイントになる「相性の良い布」ってどんな布?
5月国立クラスの作品紹介です。 ブロードリーパースの巾着が完成しました。小さなこだわりの部分も、ぜひご覧下さいませ。
4月国立クラスの作品紹介です。 ブロードリーパースの巾着の途中経過。それぞれお気に入りの布を選び、アップリケした布は魅力的になっていました。

さらに表示する