お稽古の様子・生徒さんの作品紹介

布合わせ「しっくりくる」その感覚を大事にしましょう。
国立クラス。前回と同じデザインで大きさを変え、バッグに仕上げていきます。その時の、布合わせの様子です。
ポーチのピースワークが終わりました。
国立クラス。先月布合わせをした、ポーチのピースワークが終わりました。グループ分けしたカットクロスと、ピースワーク後の写真を並べています。「え~、こんな風になるの?」と思えるのでは?ぜひ、見比べてみてくださいね。
柄を生かしたパターン完成!
中野のクラスでは、パッチワークの基本を身につけていくために「サンプラーキルト」が課題のひとつです。2種類のパターンのご紹介と共に、布合わせについても触れています。
布合わせのヒント「布をグループ分けする」
国立クラスの、ポーチの布合わせの様子。布をグループ分けする時に、何を見ながら判断しているのかを、お伝えしています。
布合わせのヒント「柄を切り取って見る!!」
国立クラス「ツリーのタペストリー」リボン部分のアップリケが終わりました。リボンの布合わせを通し、布柄の見方をお伝えしています。
ログキャビンの小物入れ 作品紹介(1)
国立クラスの課題「ログキャビンの小物入れ」の作品紹介です。布合わせによって、お一人おひとり作品の表情が違っています。
ウォールポケットの布合わせ(2)
使いたい布が足らない・・・そんな時は諦めずに、足らない布と相性の良い布を見つける。そうすると、想像以上の布合わせになったりします。
ウォールポケットの布合わせ(1)
中野クラスは、12か月のお花のプリントをいかした、ウォールポケットを作ります。1回目の今回は、土台布と交差部分の布を決めました。
「ツリーのタペストリー」の途中経過
「パッチワーク教室 特別号」(2020年 ブティック社)掲載作品クリスマスツリーのタペストリーの途中経過です。手持ちの布で進めている方は、リボン部分の布合わせをしました。
国立クラス 布合わせがしっくりこない時は
国立クラス。ログキャビンの布合わせの様子です。今回は布合わせをしたけれど「なんかしっくりこない!」そんな時のお話です。

さらに表示する