布合わせにこめた、大切にしている3つの思い・・・

 

こんにちは。

パッチワーク教室ルトゥールのyasucoです。

 

ブログで、布合わせのことを

重ねてお伝えしているのは

私のパッチワークの

核の部分だからです。

 

そこには、大切にしている

3つの思いがあります。

 


 

1つは、ブログのテーマにもなっている

~ときめき~

布は、胸がドキドキときめきを感じたものを選んでいます。

もともと布好きなので、布を見ているとワクワクします。

その中でも、バラ柄は格別です。

なぜだろう?

自分でもその理由が分かりませんでした。

 

ようやく思い至ったのは

30年前に訪れたロンドンのローラアシュレイのお店に

並んでいたバラ柄の布・雑貨の美しさです。

20代の私は、夢の中にいるようで幸せそのものでした。

 

パッチワークを始めてから、バラ柄で作ったキルトは

作る過程も使う時間も喜びや幸せを感じます。

 

ときめきを感じた布で

ときめくキルトを作ることは

一生もののキルトを作ること。

手間ひまを掛けたキルトと

長い年月を愛情と共に過ごしたいからです。


 

 

2つ目は ~心地よい暮らし~

 

ローラアシュレイのインテリア雑貨を見たときから

日々の暮らしは単調でめんどう・・・

そんなイメージから「楽しめること」に変わりました。

 

慌ただしい日々だからこそ、家時間を豊かにすごしたいと思っています。

それは特別なことをするのではなく、好きな手芸の時間を楽しんだり、キルトを飾る・使うなど普通の暮らしの中の「特別」です。パッチワークを通して、心地よい暮らしのお手伝いが出来たら幸いです。


 

3つめは ~再生~

 

お教室の名前「retour」ルトゥールは

フランス語で「再生」の意味です。

 

パッチワークは

もともと古くなった洋服など再利用できる部分の

小さなハギレを縫い合わせ

キルトにしていました。

 

貴重だった布を、

最後まで使いきる生活の知恵です。

 

今では、

布は簡単に手に入る時代です。

 

それでも、原点を忘れず

思い出のお洋服・縁あって買った布を

最後まで大切に使いきることは

私自身の「再生」もかけ

キルトに支えられ続けたことへの

感謝の気持ちです。


この大切にしている3つの思いが

キルト作家・キルト講師としての

ベースになり

作品づくりをしています。

 

 

 

ブログを通して、パッチワークを一緒に楽しめたら嬉しいです。

それでは、また。

 


パッチワーク教室 ルトゥールはこちらから

        ↓

 https://www.retour-quilt.com/