· 

布合わせで使われなかった もったいない!!布はどうする?

 

こんにちは。

パッチワーク教室ルトゥールのyasucoです。

 

急に暖かくなり

家の近くのサクラも咲き始めました。

それだけで、ウキウキしますね。

 

 

さて、前回布合わせをして

カットしたのに使わない布は

もったいない!!

 


 

今回はそのもったいない!!布

についてお伝えします。

 

まずは、カットして使わなかった布は

捨てません!!

 

では、その布はどうしているの?

 

ハギレ用のカゴを2つ用意しています。

1つは、淡い色

もう1つは、濃いめの色

 

2つに分けている理由は

探しやすいから

 

私の場合

同じような色合いの布同士で

布合わせをすることが多いので

濃淡で分けておく方が便利です。


 

カゴの中の布はどうするの?

 

布がほんの少しだけ必要なときに

カットクロスをわざわざ出さずに

こちらのカゴから探します。

 

それでも、カゴに余り布が増えたときは

最小で1.5cm正方~最大で6cm正方の型紙をあて

しるし付けをして

布をカットしておきます。

 

大きさ別に、保存バッグにいれ

保管しています。


 

この布達は

四角つなぎだけで

ランチョンマット、ホコリよけカバー

などの、小物にしたり

 

大きな作品内に入れ込んだりして

使っています。

 

布が大好きです。

ハギレも愛おしいです。

布を最後まで、使い切ることを心がけています。パッチワークの原点ですから・・・


 

布を無駄にするのはもったいない!!

だから、なるべくカットしたくない

以前の、私もそうでした。

 

ハギレは捨てずに活用する!

このルールが出来てから

一見無駄布のように思えても

布をカットして、布合わせをする

ようになりました。

 

 

以前の私のように

布が無駄になるからカットしたくない!

と思われている方の

参考になれば幸いです。

 

 

次回は、

布合わせにこだわる理由をお伝えします。 

 

 

ブログを通して、パッチワークを一緒に楽しめたら嬉しいです。

それでは、また。

 


パッチワーク教室 ルトゥールはこちらから

        ↓

 https://www.retour-quilt.com/