· 

キルティングの時のおススメ便利グッズ2点

 

こんにちは。

パッチワーク教室ルトゥールのyasucoです。 

 

台風の影響で、昨夜はザァーと

雨音が激しい時間帯もありましたが

今は、薄陽が差し始めています。

 

爪痕を残さずに、過ぎ去ってくれることを

祈るばかりです。 

 

前回は、綿張りの時の

おススメ便利グッズをお伝えしました。

↓↓↓

こちらから

 

 

今回は、キルティングの時の

便利グッズのご紹介です。

 

ペラっとしていたトップが

綿張りをすると、こんな感じにふっくらします。

 

このふっくら感が

キルトの大きな魅力のひとつです。

 

でもまだ、

トップ・キルト芯・裏布の3層に

重なっただけの状態です。

 

 

この3層が、キルティングをすることで

一体となり

1枚のキルトになっていきます。

 

 

下の写真は

落としキルトが終わったパターンです。

 

 

 

たった ひとつのパターンを落としキルトするだけでも

1日がかりです。

 

  

 

ついつい、根を詰めてしまうと

腱鞘炎になることなんてことも・・・

 

 

私も、だましだまし

キルティングをしている状態です (^_^;)

 

 

なので、なるべく手に負担がかからないように

使っているのが

 

今回のおススメ グッズです。

 

手のサポーターと指サック

 

 

【手のサポーター】

 

カンダ手芸の売り場で見たときに

 

「果たしてラクになるのかな?」

ちょっと半信半疑でした (^_^;)

 

でもでも

使ってみたら

 

疑ってごめんなさいm(__)m

「ラク!!」です。

 

ついつい

面倒でサポーターをしないまま

縫ってしまうと

 

手首が痛くなるのが

早いです。

 

なので、今では

キルティングに限らずピーシングの時も

付けています。

 

 

写真では、左手に付けていますが

左右兼用です。

 

 

どこで手に入るのか探してみたら

黒羽静子氏のショップにありました。

 

サポーターにつても詳しく書かれているので

ご興味のある方は

↓↓↓

こちらから

(たくさんの針の後に掲載されているので

下へスクロールしてくださいね)

 

 

【指サック】 

 

指サックは右手の人差し指にします。

 

そうすることで、針を抜く時に

針が滑らず

少しの力で、針を抜くことが出来ます。

 

パッチワーク用のものも売られていますが

消耗品なので

私は、¥100ショップ(写真はダイソーのもの)で

購入しています。

 

 

*****************

 

以下は参考までに

 

私は、左手の中指にもしています。

針を受ける指です。

 

本などには、シンブルをつけている写真を見かけます。

私は、どうしてもシンブルをつけると

針を受けた感覚が分からないので

今では、指サックに落ち着きました。

 

 *****************

 

 

色々試しながら、ご自分のあったものを

見付けてくださいね。

 

 

 

 

生涯現役でパッチワークをすることが夢です。

少しでも、負担を減らしながら

長く楽しみたいと思っています。

 

 

ささやかな情報がお役に立てたら、嬉しいです。

 


【お知らせ】

10/11(木)自由が丘クラススタート パッチワーク教室ルトゥール

 

9/13(木)

12:00~15:00

 

自由が丘 1dayレッスン

 

詳細は→こちらから

10/11(木)自由が丘クラススタート パッチワーク教室ルトゥール

 

10/11(木)

12:00~15:00

 

自由が丘クラス スタート

 

詳細は→こちらから

 

  ブログを通して、パッチワークを一緒に楽しめたら嬉しいです。

それでは、また。

 


パッチワーク教室 ルトゥールはこちらから

        ↓

 https://www.retour-quilt.com/