· 

パターン「リボンスター」バラ柄で布合わせ

こんにちは。

パッチワーク教室ルトゥールのyasucoです。

 

 

サクラの便りが届き始めました。

一番好きな季節です。

あの淡いピンクが、なんとも好きで

とても幸せな気分になります。

 

 

パッチワークの布合わせも

季節に影響されるのだなぁ・・・と

9枚のパターンを見て、感じます。

 

秋冬に布合わせしたものは、

濃い色合いで合わせをしています。

(写真4枚目)

 

今回、ご紹介した3枚のパターンは

まさに春を間近に控え

春を楽しみにした布合わせです。

 

 

今日は最後の「リボンスター」の布合わせ。

春らしい淡い色を選びました。

 

①まずは、一番 使いたい布を選びます。

 

私は、リボンスターの中心に

バラ柄を選びました。

 

この時に、選んだバラ柄がキレイに収まるか

サーパス紙で、柄の出方をチェックします。

 

(写真3枚目のサーパス紙とチャコエースの説明は

前回のブログを参照ください)

 

 

脇布に選んだ布は、2種類です。

 

写真1枚目

バラ柄に使われている色から

2種類の色を選んでいます。

 

 

どうして???

 

バラ柄に使われている色から選んだのは

中心のバラ柄がキレイに見えるようにです。

 

たくさんの色を使うより

使う色を絞った方が

バラ柄がより引き立きたちます。

 

なので、バラ柄の中に淡いブルーが使われているので

このブルーを取り入れるのもアリです。

 

実際に布をカットして

パターンの形に並べてみましょう。

 

カットクロスを、そのまま当てて見るのではなく

しるし付けしたものを、カットして

チェックします。

 

この時に、思い通りの布合わせになっていなかったら

脇布を変えます。

 

あくまでも、自分が使いたい布①が優先です。

 

 

3回を通し、柄を生かす時に共通していることは

①使いたい布を決める

② ①で使われている色から、脇布を選ぶ

 

の2点です。

布合わせをする時に、参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

パッチワークを一緒に楽しめたら嬉しいです。

それでは、また。

 



パッチワーク教室 ルトゥールはこちらから

        ↓

 https://www.retour-quilt.com/