· 

パターン「インターロックスクエア」バラ柄で布合わせ

こんにちは。

パッチワーク教室ルトゥールのyasucoです。

 

今日は、「インターロックスクエア」の布合わせ。

 

その前に、便利グッズを2点ご紹介しますね。

 

私は、きれいな花柄は

カットするより

柄を生かすことを考えます。

 

その時に、活躍するのが

1.サーパス紙

2.チャコエース(青) アドガー

 

サーパス紙

半透明のハリのある紙・・・薄~いプラスチックな感じ

半透明なので、柄がズレていないかチェック出来ます。

通常は、製図する時に使うらしい。

 

チャコエース

しるし付け、キルトラインを描く時に使います。

便利なのは、水で消えること!

 

柄抜きをする時は

柄抜きしたい柄の上にサーパス紙を置き

布の表からチャコエースでしるし付けをします。

 

この2つを使うと

柄抜きがきれいに出来る!

水で消えるので布が汚れない

 

とってもおススメです。

 

 

今日のパターンは「インターロックスクエア」

 

2つの四角がからみあい、一見どうなっているの?

と、気になる不思議なパターンです。

 

今回は、中心の八角形にバラ柄を使っています。

 

①写真3枚目の布から、

八角形にきれいに収まる柄を選びました

 

② 2つの四角の布を選びます

①の柄で使われている色から、2色選びました

 

この時に、目立つ布

斜めに重なっている四角に使うと

キレイです!

 

前回同様、最初に選んだ布

中心のバラ柄が決まったので

四角に使う2種類の布が、決まりました。

 

まずは、「使いたい布をひとつ決めましょう!」

 

一緒にパッチワークを楽しめたら、嬉しいです。

それでは、また。

 



パッチワーク教室 ルトゥールはこちらから

        ↓

 https://www.retour-quilt.com/