パッチワークに使う布「こんな使い方もあり!?」

こんばんは。パッチワーク教室ルトゥールのyasucoです。


昨日ご紹介したテーブルランナーでは、4種類の布を使っています。
2種類のバラ柄・淡いピンクの無地・淡いグリーンのストライプです。バラ柄は、どちらもローラアシュレイのものです。どちらのバラ柄も、実は再利用したもの。「こんな使い方もあり!?」のお話です。

パッチワークする時に、布はどうしていますか?

「買う」と言う方が、多いと思います。なかには、お子さんの思い出の服を とか、家にあった布を使っているという方もいらっしゃるでしょうか。パッチワークは本来、貴重だった布を最後まで使いきるための生活の知恵。今は、きれいで新しい布がすぐ手に入りますが、時には原点に返り再利用した布を生かしたパッチワークもしています。それが今回の作品です。

 

白地にピンクのバラ柄は、インテリア用に販売されていたもの。とてもキレイな柄だったので、カットしてしまうのはもったいなくて小窓のカーテンにして楽しみました。その後、洗濯をし ほどいてから使用しています。もともとカーテンで楽しんだ後、パッチワークしようと考えていたので、ひどく退色する前にはずしました。が、それでも退色のひどいところは使っていません。ばら柄本来の魅力が、無くなっていましたから・・・

一度使ったことで、思わぬ効能がありました。この布はインテリア用なので、パッチワークするには ちょっと硬めでした。それが使ったことで硬さもやわらぎ、縫いやすくなりました。

もう1つの黒地のバラ柄については、また明日。
 

*********************************** 
パッチワーク教室retour ルトゥール https://www.retour-quilt.com/